コジマの動き、諸々です。
アミイゴさんへのラブレター(返信)
 23日の大阪クアトロでのバンドリハ。
再始動からは、ずっと2人で弾いて歌って来たので、
なんか新鮮で懐かしくて、とにかく楽しくて
あの曲もこの曲も、そうそう、そうだったなあと蘇る感じがしました。
来ないと、マジで損するよ。ふふふ。

帰りの電車でアミイゴさんのブログを読んで、ううっと胸が熱くなって。

改めて、ここでアミイゴさんについてワタシもラブレターを書かせて頂くことにします。

昔、クラムボンとレーベルメイトだった時から
アミイゴさんのPVやジャケットの絵の世界が、いいなあ、と思ってました。
その後も大好きなミュージシャンのジャケットがアミイゴさんだったり
ふと手にしたananのイラストが気になったらアミイゴさんだったり
よく行くお店の人達やミュージシャンがみんな、アミイゴさんに繋がってたりして
勝手に「この人にもうすぐお会いできるかも知れない、そうだったらいいのに」と
密かに思ってました。

今回、花*花のCDを制作するって話が持ち上がった時に
まだ音も出来てないのに、真っ先にアミイゴさんに描いて欲しい!と思って
相方に相談したら、「アンタがそう思うなら、御願いしてみようよ」と言ってくれて。
バーチャルな関係(メールとか)だった彼に思い切ってラブレターを送信したら
二つ返事で引き受けて下さったのでした。
しかも、個展をされるカフェでのライブのお誘いまで。

10/10、千葉「林檎の木」さんで初めてちゃんとお逢い出来た日。
ご飯を食べるとか、打ち合わせをするとかでなく、
まず彼と、お客さんと、絵の具まみれで、絵を描いて
一緒に歌って、笑って泣きました。
そんなことがまずできて、それは当たり前のようでいて
本当に奇跡的な、時間だったなあと、じわじわと噛み締めています。

そんな気持ちを持ち帰って、相方に熱く語り、今度は2人で東京へ。
3人でオサレなカフェでちょっと酔っぱらいながら、色んな話をして
帰りの新幹線の中ではもう、花*花は「CD出来たも同然」的な話をしてました。笑



ワタシの大好きなアミイゴさんの絵は、今回のジャケットで
見たことのない、新しいアミイゴさんの世界を見せてくれたような気がします。
普遍的って、堅苦しいしかっこつけの言葉かも知れないけど、
ふと隣にある、雑踏や好きな人の手や、風の強さや、
キレイなものや汚い匂いや、そういうものが明日にはもう、同じくしてここにない。

それを肝につなぎ止めようとする、
切ない祈りのようなものが普遍性の追求なのかなと思います。

神様が居る場所から、もしもこの世がこの絵みたいに見えたらいいのに。


アミイゴさんの持つ、美しさは
はかなくて、皮肉で、まっすぐで、愛に満ちていて
いつも下さるメールの最後の「LOVE」と「PEACE」に
嘘偽りの曇りを感じないのでした。
改めて、
かっこよすぎるぜ。


このジャケットの原画、アミイゴさんの計らいで
18日京都、23日大阪に、ライブ会場にやってきますよーーー。
音も、絵も、現物をぜひぜひぜひ。





















- comments(2) -
Comment








すごく素敵な絵ですね♪みてみたいな。
from. モモカ | 2010/12/06 20:08 |
京都に行きたいですが金欠です。
チケットも余ってないでしょ。
アマゾンでハライソを予約はしました。
ジャケットいいですね。
from. 丸山純史 | 2010/12/06 11:02 |
<< NEW | TOP | OLD>>